ワクワクビタミン

楽しいことをいっぱい引き寄せる自由帳

安全な天然塩おすすめ|体に良い塩で美味しく美容&健康に!


天然塩 体に良い塩 安心 自然塩 オーガニック

 わたくし、昨年の夏から「塩」にハマっています。

 

初めの頃は、産地・色・味の違いを楽しんでいたのですが

 

塩に関する本を何冊か読んでみたら・・・

塩には、「体に良い塩(天然塩)」「体に悪い塩(食塩・精製塩)」などがあることが判明しました。

 

そして、市場に出回っている大部分の「塩」が「体に悪い塩(精製塩)」だということもわかりました。

 

「天然っぽさ」「手作り感」を漂わせている商品でも、精製塩と同じような成分の塩であることがほとんどのようです。

 

しかも私が「天然塩」だと思って購入した塩は全て「実は精製塩」だったんです(!)

 

 旨味はあるけど、成分的には精製塩に近いお塩。。。

なんか塩選びって難しいぞ・・・・

 

体にいい塩・悪い塩 何が違うの?選び方のコツ

同じ海の塩でも「精製方法」の違いにより体への良し悪しが決まるようです。

まずは、パッケージ裏面の「製造工程」の表示を確認します。

 
■「工程」項目にこの表示があったらNG
  • 逆浸透膜・平釜(または天日):フィルターで濾してミネラルをなくした塩
  • イオン交換膜・平釜(または天日):フィルターで濾してミネラルをなくした塩
 

「逆浸透膜」や「イオン交換膜」という表示があるものは、「精製塩(体に負担になる塩)」なので選ばない方が良いです。

 

「逆浸透膜」「イオン交換膜」「塩化ナトリウムの割合が99%以上」の塩はNGと覚えておきましょう。

 

「イオン交換膜」「逆浸透膜」は、なぜダメなの?

イオン交換膜や逆浸透膜というフィルターを通すと

安く大量生産できるのですが、塩に含まれるミネラルや不純物が全て取り除かれてしまいます。

 

体に必要なミネラルを含まない「精製度の高い塩化ナトリウム」は「体に負担となる塩」となり高血圧や病気の元になります。

 

良い塩の見分け方

パッケージ裏面の「製造工程」の表示を確認します。 
■選んで良いお塩
  • 平釜:釜で煮詰めて塩にした
  • 天日:天日でじっくり干して塩にした
  • 天日平釜:干してから釜で煮詰めた塩
 
「平釜」「天日」「天日・平釜」などの表示だけの塩は、ミネラルを残した、昔ながらの製法で作られています。
体に必要なミネラルが含まれており、しょっぱいだけでなく旨味やまろやかさを感じるお塩です。

イオン交換膜を使用しない、安全な天然塩まとめ

塩は重要だとわかったものの、じゃどの塩をえらべばいいのか?

という

問題に直面しました。

 

安全な塩として紹介されていても、厳密にいうとNGなものもあるんですよね。

 

ということで、

 

塩は重要だとわかったものの、

 「安全な天然塩ってどれを選べばいいのーーー(発狂)」

 

という問題に直面しました。

 

安全な塩として紹介されていても、厳密に調べるとNGなものも多々あるんですよね。

 

ということで、

 

私の中で以下の点にこだわってチョイスしてみました。

 
■こだわり条件
  • 天然塩
  • 「イオン交換膜製塩法」「逆浸透膜」と表示されていないもの
  • 国産・アジア圏の塩(より近い産地の塩が体質に合うらしい)
  • 海の塩(日本人は岩塩より海塩の方が体質に合うのだとか) 

 

以上の条件で、色々と調べてみたところ銘柄はかなり限られるようです。

 

数種類購入してみた中で、リピートで購入しているお塩を紹介します。

 

f:id:wakuwaku-v:20200703120526j:plain

 

海の精

【商品詳細】海の精 あらしお(赤ラベル) 500g

 

 
■特徴
  • 日本の海水100%使用
  • 昔ながらの方法で丁寧作られている
  • まろやかかつスッキリした塩味
  • どんな料理にも合わせやすい
 

まろやかでどんな料理にも合うお塩なので、料理の味が格段に変わります。

こちらの「海の精(赤ラベル)」は、海の精シリーズの中では一番リーズナブルなので

普段使いにおすすめです。

 

少ししっとりした質感なので、サラサラ感が必要な料理には向きませんが

料理の味付け・味噌や梅干しを漬けたりするのに使うとかなり美味しく仕上がります。

 

海の精ほししお

【商品詳細】海の精 海の精ほししお 240g

 

■特徴
  • 大粒で旨味の強い塩
  • 動物性食材との相性が良い
  

ジャリジャリとした荒粒のお塩です。

粒感がありますが、味はまろやかで本当に美味しいお塩です。

ソルトミルで挽いて使っています。

 

京セラ ミル セラミック 40ml

 

小宝島の塩

【商品詳細】天日塩 おにぎりに最適! ミネラル豊富な温泉海水から造る天然塩 【トカラの塩】【吐喝喇列島】【子宝温泉の塩】

 

 
■特徴
  • 旨味が強い
  • まろやか
  • ご飯に合う(おにぎりやお漬物に最高)
 

個人的に塩の中で一番好きな商品です。

旨味があってとにかく美味しいんですよね〜。

後がけ用の塩として使っています。

お刺身やお豆腐など、ちょっと繊細に楽しみたい時にぴったりなお塩です。

 

カンホアの塩

【商品詳細】カンホアの塩【石臼挽き】500g

 
■特徴
  • まろやかですきっとした塩味
  • 野菜と相性が良い
  • 値段が安いので気楽に使える。
 

ベトナムの綺麗な海で取れた海塩です。

国産ではないのですが、オーガニック食品店でもよく見かける商品です。

安全なお塩の中では、リーズナブルなので

野菜やパスタを茹でる時など、たくさん使うときはこの塩を使っています。

 

 塩を変えて感じた変化

塩を変えて感じた変化は・・・

 
■塩を変えて感じた変化
  • 体のだるさが消えた
  • 慢性的な頭痛が和らいだ(回数が減った)
  • 冷え性が改善された
  • 料理の味が美味しくなった
  • 素材そのものの味を楽しめるようになった
  

「 ほんとかよ!?」って感じですが、塩を変えてからなぜか体調が良いんですよね。

前も普通に健康だったのですが…

本物の塩を摂るようになって、「塩不足」によるプチ不調が解消されました。

 

午前中にだるくて仕方なかったり

頭痛持ちで週に数回頭痛になったり

年中冷え性で辛い思いをしていました。

 

塩って体にとって大事なんだなぁと感じました。

 

あとは、塩を変えたことによって料理の味が格段に美味しくなりました。

私は、野菜中心の和食を作ることが多いのですが、塩が違うととにかく美味しくなるんですよね。

料理によって塩を使い分けるのも楽しいです。

こんな経緯により、天然塩愛が増したわたくし。。。

これからも美味しい安全な塩を探して行きたいと思います。

 

今日のまとめ

お手頃価格で普段使いやすいお塩をまとめてみました。

気になるお塩は見つかりましたかね〜?

安全なお塩って、作るのに手間がかかるので少しお値段が高めなのですが

塩は体に欠かせないものなので、ぜひこだわってみてください。

 

 【オススメ本】

日本人には塩が足りない!―ミネラルバランスと心身の健康

 

 

水と塩を変えると病気にならない

 

 

【参考リンク】

 

biofloresta.jp

emerald-company.com

shiitaka.com

 

Copyright (C)2020 ワクワクビタミン All Rights Reserved. 当サイト内の画像の無断転載はご遠慮願います