ワクワクビタミン

楽しいことをいっぱい引き寄せる自由帳

手作り味噌の作り方・工程・分量を画像付きでまとめてみました


f:id:wakuwaku-v:20200304163539p:plain

今日は、おうちで手作り!簡単な味噌の作り方を紹介します。

 

味噌って作るのが難しそうなイメージがありますが、結構簡単に作れるんです。

しかも、自分好みの味にできるのでかなり美味しい!!

 

私は5年ほど前から作っていますが、毎回おいしい味噌ができています。 

大豆やお塩にもこだわって、自分だけの味を作ってみてください。

みその材料

手作りみその材料 以下の材料で作っています。

1年分の味噌を作るのでかなり多めです。

 

「大豆(乾燥)1:麹1:塩0.45~0.5」の割合になればOKです。

 
■材料
  • 大豆:2kg
  • 塩:1kg
  • 麹:2kg
  • 味噌(種味噌):400g※
 

※ 大豆の茹で汁:500㎖~600㎖ ※たねみそ(種味噌)として、できあがっている味噌を入れます。

 

種味噌は生味噌を選んでください。 

 

熱処理やアルコール添加で発酵を抑制しているものではなく、ちゃんと作られた味噌(天然醸造)を使えばOKです。

 

無くても作れますが、入れると一層おいしくなるんだとか・・・

 

みその作り方

 

①大豆を水につけておく(18時間~24時間浸しています。)

 

f:id:wakuwaku-v:20200304164515p:plain

 

 24時間つけた大豆です。

f:id:wakuwaku-v:20200304165301p:plain

 

 

②お鍋に水を入れて、大豆が柔らかくなるまで煮る。

 

f:id:wakuwaku-v:20200304165505p:plain

 

5時間くらい弱火でコトコト煮ています^^吹きこぼれやすいので注意です。

アクが出てくるので適当に取ってくださいね~。

 

③豆を煮ている間に準備以下の下準備をします

 

 

(1)塩・麹を計量して混ぜておきます。 これで麹の準備は完了!

 

f:id:wakuwaku-v:20200304165536p:plain

(スプーンで混ぜています) 

 

 

(2)タネ味噌&豆の煮汁500㎖~600㎖(冷ましたもの)を混ぜておきます。

 

f:id:wakuwaku-v:20200304165606p:plain


 

 

 

(3)調理器具をアルコールや熱湯で消毒しておきます。 これで準備完了!

 

 

後は大豆が煮えるのを待つだけ

 

④豆が柔らかくなったらザルにあげて水を切ります。

ボウルに移して、マッシャーでつぶします。

 

f:id:wakuwaku-v:20200304164633p:plain

粒感があるのが好きなので、適当につぶしています。

 

 

f:id:wakuwaku-v:20200304165016p:plain

 

このくらいつぶしたらOKです。

 

 

⑤豆をつぶしたら、(2)の工程で作った『種味噌』を加えます。 へラで混ぜます。

 

 

 

 

 

⑥ムラなく混ざったら、塩&麹を混ぜたものを加えて混ぜます。

f:id:wakuwaku-v:20200304164840p:plain


 

 

 

⑦混ざったら、 ハンバーグを作る時のように、空気を抜きながら大きめなボール状にします。

 

f:id:wakuwaku-v:20200304164904p:plain

 

f:id:wakuwaku-v:20200304164956p:plain

 

 

⑧容器に叩きつけるように入れていきます。 (叩きつけると、空気が抜けて良いらしいです)

 

f:id:wakuwaku-v:20200304164734p:plain


 

 

 

保存容器には漬物用のビニールを入れて使っています。

衛生的で洗うのがラクなのでオススメです。

 

 f:id:wakuwaku-v:20200304165239p:plain

 

 

 

 

平らにしながらぎっしり敷き詰めます。

 

f:id:wakuwaku-v:20200304164931p:plain


 

⑨カビ防止のため、表面を塩でコーティングします。

 

f:id:wakuwaku-v:20200304165103p:plain

 

⑩その上にラップで蓋をします。 

 

 

f:id:wakuwaku-v:20200304165146p:plain

 

 

空気を抜いて、ビニールを閉じます。

 

f:id:wakuwaku-v:20200304165201p:plain

 

ペットボトルのおもしを置いて完了!

(350mlのペットボトルに水を入れて袋に入れています)

 

f:id:wakuwaku-v:20200304165213p:plain

 

10ヶ月〜1年寝かせたら出来上がり♪

 

 

 オーガニックの材料おすすめは?

 せっかく家で作るなら、安全で美味しいものがいいなぁ〜と思いまして

 

毎年色々と材料を変えていった結果・・・

 

究極の味噌の材料にめぐり着きました。

 

f:id:wakuwaku-v:20200821154455j:plain 

 

オーガニックなので値段は高いです。

ですが、味噌の美味しさが格段に違うので 、一度買ったらやめられなくなりました。

 

天然塩

塩は、「海の精 」という本物の天然塩を使用しています。

精製塩と違い、まろやかで体に優しいお塩です。

 

海の精 あらしお(500g)

 

自然栽培の玄米麹

麹は、無農薬無化学肥料・無施肥の自然栽培麹を使用しています。

こんな究極の麹はなかなか出会えないんですよね。

本当に美味しい味噌が作れます。

新米・無肥料(無化学・無有機)・無農薬・無除草剤【自然栽培玄米こうじ500g】・熊本県産の自然栽培玄米100%使用 無施肥 オーガニック

 

自然栽培の大豆

大豆は、無農薬無化学肥料・無施肥の自然栽培のものを使用しています。

自然栽培の大豆って、ほんのり甘みがあって本当に美味しいです。

 

普通の大豆って、かなり農薬や化学肥料が使われているんですよね。

私も家庭菜園で大豆を育てたことがあるのですが、虫がつきまくるんですよね。。

 

加えて、遺伝子組み換えのリスクも高い食材なので

安全・安心な自然栽培大豆を購入するようにしています。

 

無肥料無農薬大豆2kg(1kg×2袋・生産地:青森県)【送料無料】

 

普通の大豆特有の雑味がないんですよね。

味をつけなくても、煮るだけですごく美味しいんです。

 

美味しい大豆で作った味噌の味は格別です。

かなりおすすめです。

 

 

あと、あると便利なのが漬物袋

容器が汚れないので重宝しています😊

 

 

【本日楽天ポイント5倍相当】【メール便で送料無料 ※定形外発送の場合あり】日本技研工業株式会社つけもの袋 1斗用(15型・20型)2枚入 <臭い、色うつりなどを防ぎます>

 

 今日のまとめ

お家で作った味噌は絶品です。

じっくり熟成した味噌には健康・美容に良い成分がいっぱい含まれています^^

 

ぜひ試してみてくださいね。 

 

Copyright (C)2020 ワクワクビタミン All Rights Reserved. 当サイト内の画像の無断転載はご遠慮願います