ワクワクビタミン

楽しいことをいっぱい引き寄せる自由帳

YouTubeやめた)コメント返したほうがいい?悩み相談に疲れ→アカウント削除した話

YOUTUBE やめた アカウント 削除昨年秋より、YOUTUBEに動画をアップしていました。

 

着々とチャンネル登録数も増え、動画もちょこちょこアップしていたのですが…。

 

数週間前に、アカウントを削除→YOUTUBE辞めました。

 

「ここまでやったのに、もったいないかな?」

なんて数日間迷っていたのですが・・・

 

消してみたら心が軽くなりました。

 

「なんで時間をかけて育てたチャンネルを削除したのか?」

 

ブログに独り言をつぶやきたいと思います。

 

長文の「悩み相談コメント」への返信に疲れた。。。

私は基本、ブログやサイトのコメント欄は閉じておく派です。

 

ですが、『YOUTUBE運営のコツ』を調べてみると

 

「初期のうちは、コメントを返したほうがいい」と書いてありました。

 

 

 

「コメントなんて、そんなにつかないだろうな〜」

と思い、コメント欄を開いたままにしておりました。

 

で、 20本くらい動画をあげたところで、

3本の動画にコメントがたくさんつくようになったんですよね。

(『前向きになれる動画』を目指して作った動画です)

 

幸い、アンチコメントなどではなく、

動画を見た感想や質問、相談などだったので、全てに返信を書いていました。

 

相談系コメントが急増

 コメント欄に全力で返信をしていたら、

「コメント欄が悩み相談コーナー」と化し・・・

 

『かなりへビーなお悩み相談』も寄せられるように…。

(長文で、1日5件〜10件)

 

せっかくコメントをくださったので、結構真剣に返信を考えていました。

 

コメント欄に「返信するかしないか」は管理者の自由ですが、

 

「◯◯さん(私のハンドルネーム)どう思いますか?」

「◯◯さんコメントください」

「◯◯さんが聞いてくれれば頑張れます」

 

などの「名指し系コメント?」が多かったので…

全部に返信したほうがいいんだろうと思っていました。

 

「駆け出しの頃は誠意を込めて対応するのが大事だ!」

ってことで、毎日返信していました。

 

コメント返しに疲れてきた・・・。

私の予想に反して、「悩み相談」コメントはどんどん増えていきました。

 

日に日に悩み相談の内容も重くなっていき、返信時間も数時間に及ぶように・・・。 

新しい動画を作る時間すらなくなってきました。 

 

日中返信していると、自分の仕事に影響するので、

全ての仕事が終わった後、寝る前に返信をしていました。 

 

相談件数?が増えてくると、「コメントがついて嬉しい」というより、

 

「相手の心に沿ったコメントをしないと」

「この回答で合ってるのかな!?」

 「早くコメント返さないときゃ」

 

ってことが気になってきてしまいました。

 

私はあまり器用なタイプではないので、

相談への返信にかなり気を遣うんですよね。。 

 

 初めの頃は、「返したいから返す」というスタンスだったのに…

 

だんだんプレッシャーになってきてしまいました。

 

 

「私が答えることで、誰かの心が軽くなってくれればいいなぁ」と考えるか

「再生回数を上げるため」と割り切るか・・・

 

「私が消耗したら意味がないので、コメント返しをやめる」

 

どうしたもんかと迷った挙句、

一旦、コメント返しをやめることにしました。

 

コメント返しやめた→要求系コメントが増える

 コメント返しをやめて2週間

 

できるだけログインしない時間を増やして、本業だけに専念しました。

  

たまには、ログインしてみようと思い見てみると・・・

「悩み相談」がさらに増えていました。

 

「人生を終わりにします。その前に◯◯さん、コメントください」

とか…

 

「〇〇さん。。話を聞いてくれてありがとう。でも、もう◯◯しようと思います。」

 

みたいなコメントがちらほら。

 

 

え、知らない人だけど、そんなこと言わないで。。。(?)

 

 

ってかこれ、私が返信しないとどうなるの!?

 

真意はわからないけど、

どっちだとしても微妙だ。

 

 

スルーするのも気がひけるし…

 

心を軽くできなかったらできなかったで、後味が悪い。

 

 

 

 

いや、ほんと。。。

 

 

なんでこうなった!?

 

 

引き寄せの法則か!?😭

 

なんか考えてしまいました。 

 

私、「豆腐メンタル」だったわ。。。

 

考えてみたら、私って「豆腐メンタル」なんですよね。

 基本ポジティブだけど、

 

内側を覗けば、気にしいだし、悩むし、軟弱だし。

 

「だからこそ人の気持ちに共感できるのかも?」といえばその通りなのですが

 

「わかりすぎて痛い。」っていう副作用もある。

 

カウンセラー的なスキルを持っている人なら

自分の心と相手の気分をうまく線引きできると思うんですが・・・

 

豆腐メンタルの私は

何人もの悩みを聞いて、心に寄り添えるほどタフじゃない。

 

親身に聞いて励ますことはできるけど、

後で心が痛くなったり、若干どんよりした気持ちになってしまうんですよね。。。

 

 なんか不毛かもしれない。。 

 

これってやりたいことだったのか!?

 

YOUTUBEは、楽しそうだったので始めてみました。

 

顔出しなしで「雑記ブログ」のような、ゆる〜いチャンネルにする予定が、

数ヶ月でどんどん脱線し

 

「悩み相談系チャンネル」に変化していきました(?)

 

この際『悩み相談系』 として割り切って運営していけばいいのでしょうが、

その覚悟ができなかったので、心がざわざわ。。。

 

このチャンネルをうまく運営できる気がしない。。。

 (サクッとコメントを返しをやめればいい話ですよね…笑)

 

YOUTUBEアカウントを削除

 

この件を友人に話してみたら…。

(『悩み相談チャンネル』をやめるか悩み→相談するという不毛な構図)

 

 

 

友人

「楽しめないなら、今すぐやめれば?会社じゃないんだし(笑)」

 

 

との回答が。。。

 

確かにね。会社じゃないんだしね(笑)

 

 

心がざわつくなら辞めちゃおう!

 

 

f:id:wakuwaku-v:20190313130042p:plain

 

 

心が軽くなりました♨️

 

 

【この経験で、得た教訓】

 

①「発信する動画のテーマ」は大事

 

②コメントを返せば、短期でフォロワーを増やせるけど…

長文に全力で返すのがいいとも限らない。

 

③方向性は明確にしておいたほうがいい。

 

今日のまとめ

 私は、気楽にぼんやりと生きているほうが元気でいられる気がする。

 

YOUTUBEをやってみたら、「自分の本当の望み」みたいなのが

ふわふわと浮き上がってきました。

 

人生を、ただただ楽しんで

 

しっくりくることだけをして平和に生きて生きたい。

 

そんなことに気づいた今日この頃です。

 

 

Copyright (C)2019 ワクワクビタミン All Rights Reserved. 当サイト内の画像の無断転載はご遠慮願います